イメージ画像

手術室看護師の仕事

手術室看護師とは、病院の手術室に配属された、手術中の医師・患者のサポートを行う看護師の事です。

高齢化社会が加速するに伴い、手術の件数は年々増えています。日本手術看護学会によると、手術室における看護配置は一室につき4人の配置が望ましいとされているのですが、その状態を維持できている病院はまだ少ないというのが現状のようです。今後、多くの手術を安全に行うためには、手術室看護師の確保が不可欠だと言われており、非常に需要が高まっています。

手術室看護師の主な仕事は「器械出し」「外回り」です。それぞれの役割を担う看護師が一人ずついてはじめて手術を行うことができます。では、「器械出し」と「外回り」とはどのような仕事なのでしょうか。

「器械出し」とは、手術で使用する器具を手渡すなど、主に医師のサポートを行います。手術室看護師の特徴としては、ほぼ全科目の手術を担当します。各診療科で扱う器具はかわり、手順も違います。そのため、看護師はあらゆる科目の手術器具の知識と手順を覚えることが必要です。

「外回り」とは、手術中における患者のケアを行うと同時に、手術室全体の流れを把握する役割です。具体的には、手術前訪問の際の声かけ、手術中の体位交換、看護記録の作成、輸血タイミングの指示だし、手術後、病棟看護師への申し送りなどです。

「外回り」の看護師は、患者の家族へ状況を伝えに行ったり、必要に応じて医師のサポートも行わなければいけません。次に何をするべきなのか自ら指示を出すために、常に全体の状況を把握する分析力が必要です。

手術看護師になるための特別な資格は必要ありません。看護師資格があれば未経験者・経験者の縛りはなく、誰でも配属希望を出すことができます。ただ、専門的な知識に特化した部分が多い業務ですので、病棟経験を積んで看護師としての基礎を学んでからの配属が望ましいとしている病院も多いようです。看護師としてのスキルアップを目指している方は挑戦してみてください。

このページの先頭へ