イメージ画像

歯科医院で働く看護師

歯医者のスタッフは、歯科医師、歯科技師、歯科衛生士、歯科助手をイメージすると思いますが、意外にも看護師を募集している歯科医院もあります。近年需要が増えている「訪問歯科」において看護師の募集があります。

歯科は地域診療を担う個人病院が多くあります。個人病院やクリニックの歯科で働く場合、ほとんどの医院では看護師としての採用ではなく、無資格でも就くことができる「歯科助手」としての採用になります。つまり、看護師資格を活かすことができるわけではないということです。

看護師として歯科で勤務できるのは、大学病院や総合病院の口腔外科、美容専門の審美歯科、麻酔科のある比較的大きな個人病院の歯科医院となります。これらは、特別なスキルは必要ありません。看護師資格のみで就職をすることができます。

歯科での看護師の仕事は、治療のために必要な麻酔、入院手術時のケア、手術サポート、点滴、注射、血圧測定などです。さらに、歯科助手が行う仕事、雑用全般を看護師も行うことになります。器具の洗浄や消毒、薬剤の準備、口腔ケア、バキュームといった業務です。入院施設がある場合は当直を担当することもあります。

高齢化に伴う行政の主導によって、在宅介護の拡充が進んでいます。その一環として訪問歯科の需要が増していて、それによって看護師の募集も行われています。

歯科医院で働くメリットとしては、夜勤がない、命に関わるというプレッシャーがない、全身管理とは違う航空に特化した知識やスキルを学ぶことができるなど多くあります。ブラッシングの指導スキルを学ぶなど、口腔ケアの認定資格を目指すのもいいかもしれません。

デメリットとしては、今まで培ってきた基本的な看護スキルを活かせることが少なくなります。看護師としてやりがいを感じなくなる可能性もあるかもしれません。また、夜勤が少ないことから収入が減ってしまう可能性もあるということです。高収入を得たいと考えている方には向かないかもしれませんね。

このページの先頭へ